復職のための働き

将来的には、ワークライフバランスを重視して主婦としても看護師としても適度に働いていきたいと考える女性には、出産や育児から現場復帰する際に働きやすい職場を選べるようにキャリア構築をしておくことが大切です。
結婚前から妊娠に至るまでの期間にそのための用意をしておく必要があります。用意としては、現場経験を年単位でしっかりと積んでおくのが良い方法です。就職の時点で将来的に主婦と看護師を両立させるようになってから働きたい診療科を決めて働き始め、一年でも長く現場経験を積むのが第一歩です。その間に十分に知識とスキルを身につけて、これだけ長く同じ診療科で働いてきたと主張できるようにしておくと、将来的に仕事を獲得しやすくなります。
時間的に余裕があれば、関連する資格を取得しておくのも良いキャリア構築の方法です。転職を繰り返して幅広い経験をするという道もありますが、興味のある診療科が限定されている場合には、それに固執して予め現場経験を積んでおくのが将来に役立ちます。
ワークライフバランスを取りやすくて待遇も良い職場は人気もあるため、キャリアがしっかりと構築されているかどうかは採用の可否に大きな影響を与えます。特に常勤で働いていきたいと考えているなら、勤続年数が長かったという事実も採用にプラスに働きます。現場復帰するときのことを考えて職場を離れるまでの期間にできるだけ長い現場経験を持てるように心がけましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です